新築住宅を建てる

新築住宅のサービスについて知っておこう

新築の一戸建てを買う場合、普通の収入の人にとってその価格は決して安いとは言えません。ですが、住宅を購入する場合は必ず何らかのサービスが付いてきます。住宅の価格を下げることはせず、サービスで補う方法です。 サービスも様々なものがありますが、一つは耐震サービスです。2011年に震災が起こってからというもの、新築住宅を買う人にとって震災がより現実的なものとして考えるようになってきています。当然ながら新築住宅を購入する人はその住宅が地震によって倒壊する恐れもあるということを認識しています。そこで耐震検査をするサービスを行い、耐震サービスのプロからこの住宅の耐震性は大丈夫ということを明確にしてもらうのです。

中古住宅という選択もある

新築住宅を購入する場合、その価格と新築住宅ならではのサービスを重視する人も少なくありません。 ただ、住宅を買うということは、買ってお終いではなく将来的に購入する住宅が自分たち家族にとってプラスになるのかマイナスになるのかを多角的に調べることが重要です。 その調べる段階で新築住宅以外の選択肢も出てくると思います。その一つに中古住宅があります。 中古住宅と新築住宅の違いは、新しいか古いか以外にも、その価格の違いがありますが、意外と大きいのは価格の違いです。新築と同じ間取りで同じ面積だったとしても10年違うだけで1000万円ぐらい違うことがあるのです。耐震性なども10年前と今ではそれほど変わりません。あとは人が住んだ家に住めるかどうかという感情的な問題が大半を占めていると言ってもいいでしょう。