トレンドを知ろう

新築住宅のトレンドを知っておこう

一階で泥棒が侵入する経路は50パーセントが玄関からと言われるほどげんかんのセキュリティは重要なのです。 そこで最近の玄関は合鍵では簡単に開かないように、ウェーブキーなどの特殊なカギが使われています。 また、カード式の鍵や指紋で認証する鍵が使われているのです。 これは門の扉でも同じで、中には遠隔操作の出来る鍵やスマートフォンを操作することで開くものもあります。 また、今では当たり前になっていますが、人が近づくと電気が付く玄関灯も新築住宅には標準装備されていることも多いのです。

住宅建設に携わる人たちを知っておきましょう。

新築住宅を建てる時には色々な職人が関わります。新築住宅に長年住むのであれば、どのような人が関わるのかを知っておきましょう。新築の家は建てる前に地盤が緩い場合には、地盤強化をして地震に備える必要があります。そこで地盤を強化する職人が出てきて大きな杭を何本も打ち込みます。 その後、基礎を作るのに基礎工事職人が基礎工事を行います。 基礎が出来上がるとその上に大工がきて柱や壁を作っていくのです。屋根が出来ると屋根板を貼る職人、そして外壁塗装の職人が塗装を行い外壁の強化をしていきます。家の中はフローリングを貼り、クロスはクロス貼りの職人が行い、設備屋は風呂やキッチンを設置していくといよいよ家らしくなってきます。 外は外構職人が外構を設置していきます。